フィギュアクリエイターが考える家族の救済策 ♯いまだからできること

以前 YouTube番組の撮影の為 お逢いしたフィギュアクリエイター STUDIO24 の稲坂さん

彼の実家の家業は愛知県小牧市にある中華料理店ニーヨンだった

尊敬する父がつくり それを守り続けてくれた母

自分のアイデンティティでもあるその店の名前を自分のフィギュア工房にも付けた

そんな稲坂さんの行動は早かった

接触機会を削減する話がではじめた頃には自分のTwitter でも支援となる前売券の販売を告知した

『コロナ自粛は長期化すると考えています それを乗り切る為には一時的な支援だけでは駄目なんです 接触削減をしてできる限り営業を続ける体制づくりが必要なんです』

そこでテイクアウトの際の接触削減の為のドライブスルーの実施も開始し YouTube動画として利用方法なども自作した

『地方の古くからある飲食店はSNSやWebでのお客様告知が難しい 早くサービスを開始して地域のお客様に認知してもらうことが大切なんです』

いまだからできること

考えられることにはチャレンジした

『ニーヨンは中華料理店です 中華料理を美味しく 楽しく味わってもらうことがサービスなんです やってはいけないことは 苦し紛れに中華料理以外のメニューを出したり 料理以外のサービスを行うこと それがこの地域に愛されたニーヨンを守る事なんです 』

自分の少年時代からの味を守るため稲坂さんはチャレンジを続けています

制作
@hokuto_monumentalworks
楽曲提供
@natural.seed
提供
FEELNECT Group
Monumentalworks

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP